いたずらをかけていたワキガを落着して、部下にも好かれる上司になれました

    Home/Uncategorized / いたずらをかけていたワキガを落着して、部下にも好かれる上司になれました

いたずらをかけていたワキガを落着して、部下にも好かれる上司になれました

Posted in Uncategorized rin983ul 0

45才?企業員。

朝は7時前に居宅を出て行き、帰宅するのは午前十時過ぎ……と、今どき流行らない典型的な法人人間の私。

妻がクンクンと背広のニオイをかぎながら「くっさs。

お父さん、多少におうわよ。

ワイシャツにも直ちに黄色いシミができちゃうし……」などといっても「男が1日、一生懸命に働いたら、汗くさくなるのは自然だ」と知らん顔をしていたのです。

ところが、あるできごとがあってワキガ手術を受ける決心をしました。

私は営業職についており、昼間はそんなにが部下の運転する車の中で過ごしているのですが、部下が車用の消臭剤を3つも置いているので、「景気が悪いっていうのに、こんな必要ないなもの3つも買って……。

企業の金が宝の持ち腐れだだろう」と怒ったところ、「部長お言い回しを返すようですが、クサイんです」というのです。

「えっ、オレがくさい?」考えもよらなぃことをいわれて、一瞬、頭の中が真っ白になりましたが、妻が何度となくそのような事をいっていた事をボンヤリと思い出しました。

「クサイといわれてもなあ……、オヤジだからやむを得ないんだよ……」ガラにもなく落ち込んだ私は、久しぶりに平社員の頃、定期的のように通っていた飲み屋に行ってみる事にしました。

また長年つき合いのあるママに、その日のできごとを話すと、「それ、ワキガよ。

私も昔からクリアネオ 評判を見て症例を把握してたから、何となく気がついてたわよ」と明確といわれて目が覚めたのです。

自らのニオイというのはいつもかいでいるため、わかりにくいものだといいますが、まさしくその通り。

企業にいる女子社員が私が帰社するとイヤな顔をするのはウルサイ上司が帰ってきたからという訳だけでなく、現在から考えれば、ワキガのニオイが強烈だったからに差異ないのです。

私は知らず知らずのうちにまわりの人にいたずらをかけていたのです。

家屋に帰ってから今日のできごとをすべて妻にいうと、「手術を受ければいいじゃない」とあっさりいわれました。

けれども、私としては実際の法人の置かれている状況を一考すると、1日たりとも休むわけにはいきません。

ましてや入院ともなれば社員が混乱するのは目に見えています。

その上手術を迷う私に、妻が当院の広告を見せてくれたのです。

「超音波ワキガ手術なら、1日でカウンセリングと手術をする事も可能なみたいよ。

一思いに行ってみれば」妻の言語にしたがって、半日だけ休みをとって私は当院で手術を受ける事にしました。

超音波の技術を活用した手術そのものは30分ほどであっけないほど造作なくでした。

言うまでもなく、法人の誰にも手術を受ける事は告げていませんでしたが、何だか気恥ずかしくてその日は住宅に直帰してしまいました。

あれから2か月111車の中の消臭剤は姿を消し、女子社員のサービスも心なしかよくなったような気がします。

当院の先生によれば、ストレスもワキガ臭のきっかけになる事があるとの事。

就職して2十年余り、わき目もふらずに働いてきましたが、「オレがやらなければ」という心境が強すぎて、大きなストレスとなっていたのかもしれません。

いっそのこと手術を受けて現実によかった……当院の皆さん、しかも妻に心からお礼をいいたいと考えます。