体外受精とはどのようなものか

    Home/Uncategorized / 体外受精とはどのようなものか

体外受精とはどのようなものか

Posted in Uncategorized rin983ul 0

※体外受精はこのようにおこなわれる。

体外受精は正しくはIVF-ET(体外受精-胚移植)。

人は実体の見えないものに対して不安になったり、恐怖心を抱いたりするものです。

したがって,この章ではまず、高度生殖医療の代表である体外受精(IVF)とはどのような医療なのかを、わかりやすく、かみ砕いてお話ししたいと思います。

体外受精は英語でInVitroFertilizationですからIVFと略されますが、正しくは→F-ETなのですETとはEmbryoTransferの略で、胚移植のことです。

つまりIVF-ETとは、体外において受精した受精卵(胚)を体内に移植することです。

IVFは大きく4つの過程に分けて考えることができますので、これにETを加えたIVF-ETは、都合以下の5つの過程に分けて考えることができます。

これが、この章の理解のみならず、このサイト全体の理解にもつながります。

1,排卵誘発。

2.採卵。

3,採精、および精子の調整。

4,受精および培養。

5,胚移植。