Month: May 2017

    Home/2017/ May

「クマ」「たるみ」ケア

Posted in Uncategorized rin983ul 0

1.目元マッサージ 2.表情筋エクササイズ 3.フェイシャル筋トレ 4.眼輪筋エクササイズ 5.上まぶたエクササイズ ※目元マッサージ 生き生きした目元、愛されの分作るマッサージ 人の第一印象決めるのに「目元は」大切な役割を果たしています。 キリッと引き締まった涼しいアイキララの目元は、それだけで人を引き付けます。 逆に、疲れた目元のままでいると、老けた印象与えてしまうものです。 きれいな目元を作るのに効果的なのが目のまわりの筋肉をほぐし、血行促進するマッサージです。 デリケートな目元を優しく刺激することで、ハリのある目元に止めます。 視界が明るく広がり、目元がスッキリするのが実感できるはずです。 出会った人皆に好印象与える、生き生きと輝く瞳と、優しい目元を手に入れましょう。 1.人差し指と中指を、アイホールの下の縁にあって、目頭から目尻まで押すようにマッサージします。 2.アイホールの上の縁に親指の内側の腹を当て、同じように目頭から目尻までマッサージしていきます。 3.人差し指を、目頭と鼻の付け根の中間に当て、優しく押すようにマッサージします。 4.人差し指と親指で、眉をつまんで揺り動かすようにしながら、目頭から目尻までマッサージしていきます。 □ 1日3セットを目安にしてください。

いたずらをかけていたワキガを落着して、部下にも好かれる上司になれました

Posted in Uncategorized rin983ul 0

45才?企業員。 朝は7時前に居宅を出て行き、帰宅するのは午前十時過ぎ……と、今どき流行らない典型的な法人人間の私。 妻がクンクンと背広のニオイをかぎながら「くっさs。 お父さん、多少におうわよ。 ワイシャツにも直ちに黄色いシミができちゃうし……」などといっても「男が1日、一生懸命に働いたら、汗くさくなるのは自然だ」と知らん顔をしていたのです。 ところが、あるできごとがあってワキガ手術を受ける決心をしました。 私は営業職についており、昼間はそんなにが部下の運転する車の中で過ごしているのですが、部下が車用の消臭剤を3つも置いているので、「景気が悪いっていうのに、こんな必要ないなもの3つも買って……。 企業の金が宝の持ち腐れだだろう」と怒ったところ、「部長お言い回しを返すようですが、クサイんです」というのです。 「えっ、オレがくさい?」考えもよらなぃことをいわれて、一瞬、頭の中が真っ白になりましたが、妻が何度となくそのような事をいっていた事をボンヤリと思い出しました。 「クサイといわれてもなあ……、オヤジだからやむを得ないんだよ……」ガラにもなく落ち込んだ私は、久しぶりに平社員の頃、定期的のように通っていた飲み屋に行ってみる事にしました。 また長年つき合いのあるママに、その日のできごとを話すと、「それ、ワキガよ。 私も昔からクリアネオ 評判を見て症例を把握してたから、何となく気がついてたわよ」と明確といわれて目が覚めたのです。 自らのニオイというのはいつもかいでいるため、わかりにくいものだといいますが、まさしくその通り。 企業にいる女子社員が私が帰社するとイヤな顔をするのはウルサイ上司が帰ってきたからという訳だけでなく、現在から考えれば、ワキガのニオイが強烈だったからに差異ないのです。 私は知らず知らずのうちにまわりの人にいたずらをかけていたのです。 家屋に帰ってから今日のできごとをすべて妻にいうと、「手術を受ければいいじゃない」とあっさりいわれました。 けれども、私としては実際の法人の置かれている状況を一考すると、1日たりとも休むわけにはいきません。 ましてや入院ともなれば社員が混乱するのは目に見えています。 その上手術を迷う私に、妻が当院の広告を見せてくれたのです。 「超音波ワキガ手術なら、1日でカウンセリングと手術をする事も可能なみたいよ。 一思いに行ってみれば」妻の言語にしたがって、半日だけ休みをとって私は当院で手術を受ける事にしました。 超音波の技術を活用した手術そのものは30分ほどであっけないほど造作なくでした。 言うまでもなく、法人の誰にも手術を受ける事は告げていませんでしたが、何だか気恥ずかしくてその日は住宅に直帰してしまいました。 あれから2か月111車の中の消臭剤は姿を消し、女子社員のサービスも心なしかよくなったような気がします。 当院の先生によれば、ストレスもワキガ臭のきっかけになる事があるとの事。 就職して2十年余り、わき目もふらずに働いてきましたが、「オレがやらなければ」という心境が強すぎて、大きなストレスとなっていたのかもしれません。 いっそのこと手術を受けて現実によかった……当院の皆さん、しかも妻に心からお礼をいいたいと考えます。

100人に1人は精子がない!?実は糖尿病よりも多い男性不妊!

Posted in Uncategorized rin983ul 0

男性側の不妊の原因についてお話ししていこう。 不妊の原因の約半数は男性にあるのは先ほど述べた通り。 では、日サイトでは男性不妊に悩む人はどれくらいいるのか? 生 殖年齢を25~39歳と仮定すると、それに該当する男性は、2012年の厚生労働省発表の人口動態速報では1560万3000人存在する。 そのうちの3分の2の人が、女性とカップルになって子どもを望むとする。 これで1040万2000人。 さらに、そのうちの10%が不妊と考えよう。 これで104万200人。 男性不妊が半数と仮定すると、その数は約52万人と推測できる。 これは同年代の糖尿病の患者数より多い。 男性不妊は決して珍しくも、恥ずかしくもないのである。 ※精子をつくる機能に問題を起こす静脈瘤って? 次に、男性不妊の原因をみてみよう。 僕がこれまで担当してきた男性不妊外来での患者さんの内訳をまとめた。 問題を精子の面に絞るため、ヴィトックスαの効果として期待される勃起不全(EDなど)·射精障害·性交障害を除いた原因別に、その割合を紹介する(対象患者7535人)。 まず、精子の数が少ない、精子の運動率が低い、正常な形態の精子の割合が低いというケースは、精子をつくる機能に問題がある「造精機能障害」と分類する。 実は、この患者さんが98-8%を占めている。 こうした患者さんの精液所見(精液検査の結果)は、ひとつの項目の数値だけが低いことはあまりなく、精子濃度,精子運動率,正常形態精子率、この3つがいずれも低いことが多い,医学的には「OAT症候群(oligoasthenoteratozoospermia syndrome)」と呼ばれている。 そして、このOAT症候群のうち、原因不明のケースは「特発性造精機能障害」と分類され、全体の4分の3にあたる(5650人)。 一方、原因が判明した人は、「続発性造精機能障害」という診断になる。 その中で一番多い原因が「精索静脈瘤」。 全体の18·6%を占める(ただし、著者の患者率は若干少なめの傾向にあり、一般的には30 40 %といわれている)。 精索静脈瘤とは、静脈弁の機能不全のために,サイト来心臓へ向かって流れるべき血液が逆流して精巣(睾丸)に戻ってしまうことにより、精巣の静脈に瘤(瘤状にふくれ上がった状態になる)ができるというもの。 年配の女性のふくらはぎに青黒く浮き出た血管が瘤状に見られることがあるのを知っている人もいると思うが、これが静脈瘤である。 この静脈瘤が精索にできると、精巣温度の上昇や精巣への酸化ストレスが増えてしまい,造精機能に問題が起こることが多い。 造精機能障害にはこれらの原因のほか、男性の性染色体に 染色体がひとつ以上多く生じている「クラインフェルタ 症候群」などの染色体異常や,ホルモン分泌異常によるもの、がん患者さんの場合は抗がん化学対策による精巣障害などがある。 また、精巣が陰囊まで下降していない「停留精巣」,ムンプス(おたふく風邪)ウイルスによって精巣炎を起こす「ムンプス精巣炎」などもある。

体外受精とはどのようなものか

Posted in Uncategorized rin983ul 0

※体外受精はこのようにおこなわれる。 体外受精は正しくはIVF-ET(体外受精-胚移植)。 人は実体の見えないものに対して不安になったり、恐怖心を抱いたりするものです。 したがって,この章ではまず、高度生殖医療の代表である体外受精(IVF)とはどのような医療なのかを、わかりやすく、かみ砕いてお話ししたいと思います。 体外受精は英語でInVitroFertilizationですからIVFと略されますが、正しくは→F-ETなのですETとはEmbryoTransferの略で、胚移植のことです。 つまりIVF-ETとは、体外において受精した受精卵(胚)を体内に移植することです。 IVFは大きく4つの過程に分けて考えることができますので、これにETを加えたIVF-ETは、都合以下の5つの過程に分けて考えることができます。 これが、この章の理解のみならず、このサイト全体の理解にもつながります。 1,排卵誘発。 2.採卵。 3,採精、および精子の調整。 4,受精および培養。 5,胚移植。

不妊治療の目利きになる

Posted in Uncategorized rin983ul 0

それでは、そうした医療に立ち向かっていくために、高度生殖医療に臨むカッブルが準備すべきこと、心得ておくべきことはなんでしょうか? インターネットに首ったけになり、不妊症や体外受精に関する情報を集めることでしょうか? あるいは、サイト屋さんへ行って不妊治療に関するサイトを片っ端から買ってくることでしょうか?私の答えはもちろん「NO」です。 むしろ、こうした行動をとれば,かえってストレスを溜め込むことになってしまいます。 必要最小限の情報はもちろん必要なのですが、私は皆さんにとって必要なものは、情報·知識よりも、知恵、すなわち不妊治療に対する「目利き」になることだと思います。 不妊治療の目利き、ここではこれを不妊治療の「リテラシー」と呼ぶことにします。 *大病院、有名病院であればあるほど医師との親密度は薄く、名前さえ覚えてもらえないのが現実。 いったい何組のカップルが医師に親しみを感じているのでしょうか?医師側もベルトコンベアー式に作業をしていますし……。 *お医者さんは、大きな病院でも小さな病院でもどこの先生も忙しくて、こちらが質問しようとしてもさっさと患者を帰したがる気がします。 とくに、不妊治療に携わっている先生たちは、いっそうその傾向が強いように思います。 疑問に思うことも不安に思うことも、今後の治療方法も聞けず、先がまったく見えない状態で、不満足のまま帰宅することがほとんどです。 *医者も人間なんだからと同情してしまう反面、自分がワンオブゼムであることへの虚しさも毎回感じてしまいます。 気に入った先生、話しやすい先生にあたることを毎回祈る現実もあります。 患者一人ひとりに合わせた治療の将来的計画をたててくださるところって、ないのでしょうか。 当サイトの目的は、みなさんに高度生殖医療に関する必要な情報を提供するとともに、それに臨むためのリテラシーを持てるようになっていただきたいということです。 正しいリテラシーがないと、医療不信だけでなく、夫婦関係そのものに悪影響が出てくるということも十分に心しておくべきことだと思います。 不妊治療の主役は、あくまでもあなたたちふたりです。 医師やスタッフは仲介者であり、脇役にすぎません。 正しいリテラシーを持つことが、自分にとって最良の医療機関を選ぶことにも、不信感や不満を極力抱かずに治療に臨むことにもつながるものです。 IVFLesson3。 体外受精の知識はほどほどに。

※医師という他人とどうつき合うか。

Posted in Uncategorized rin983ul 0

不妊治療のインフラは改善されてきた。 不妊治療とは、人が人を望んだとき、そこに人が介入してくることにほかなりません。 そして、その介入してくる人とは、医師をはじめとする第三者です。 そのことから、いろいろな問題が生じてくるのだと思います。 それは、子どもを持つという非常にプライベートなことを、医療というものさしで計測されること、そしてアドバイスを受けることへの違和感などに基づくのだろうと思います。 これまで、3、000名を超える方の不妊の相談に応じてきましたので、不妊治療に関するストレス、苦情、苛立ちなど、本当にたくさんの声を聞いてきました。 不妊治療を受けている方は、大なり小なり皆さんストレスをため込んでいることは十分に知っているつもりです。 しかし、全体的な傾向としては、不妊治療を取り巻く状況、すなわちインフラは少しずつではありますが、改善してきているように思います。 みなさんの苦情に耳を傾けるいっぽうで、心の中では、「あなたが経験されたこともとても辛かったでしょうが、私がかつて経験したことはまさに『患者の人格を否定する医療」であり、いまは治療を受けるカップルに対してずいぶん配慮がなされるようになってきた」と思うこともあります。 医師である私がかつて、医師に絶望したという経験があるからかもしれません。 そして、これから体外受精に望もうという方に向けては、希望的な要素もお話ししたいという気持ちがあるからです。 それでも、みなさんの視野に入っている体外受精などの高度生殖医療は、これまでの治療に比べて、精神的、肉体的、経済的な負担は格段に大きくなります。 まずはそのことを現実として認識しておかなければなりません。

不妊治療をポジティブにとらえるには?

Posted in Uncategorized rin983ul 0

最後にもうひとつ、少し視点を変えた質問をしてみましょう。 「子どもは何のためにこの世に誕生してくるのでしょうか?」そんなことを突然聞かれてもと、戸惑ってしまうかもしれませんが、私が思うに、子どもは愛されるために、そして愛情が十分に整った環境のなかに生まれ落ちてくるべきだと思いますし、それ以外に答えはないと考えています。 不妊治療は確かに精神的にも辛く、治療が長期間におよぶこともまれではありません。 こうした試練をポジティブにとらえて、ふたりのこれからを見つめ直すきっかけとしてみてはどうでしょうか。 IVFLesson2体外受精はライフプランニングと位置づける。

体外受精に役立つ情報はまだ少ない

Posted in Uncategorized rin983ul 0

1978年、イギリス、マンチェスター郊外の病院でひとりの女の子が産声をあげました。 両側の卵管の完全な通過障害を確認されていた女性の卵巣から卵子を採り出し、ご主人の精子とシャーレの中で受精させ,こうして得られた受精卵を再び女性の子宮の中に戻し、妊娠を待ったのです。 そして誕生したルイーズブラウンさんは、「試験管ベイビー」の名とともにセンセーショナルに報道され、世界中に大きな衝撃をあたえました。 それから体外受精は、倫理的な議論を経ながらも急速に世界中に広まっていったのです。 ルイーズ·ブラウンさんの誕生から遅れること5年、1983年には日本でも体外受精児第一号が誕生しました。 さらに1990年代に入ると、体外受精などの高度生殖医療をおこなえる医療機関の増加が始まり、現在日本では、おおよそ600の医療機関が存在しています。 今日、体外受精は、特殊な医療ではなくなったのです。 当サイトは、みなさんに体外受精へのゴーサインを出すサイトでもなければ、ストップをかけるサイトでもありません。 妊娠率20%前後という数字のみならず、この医療には本当に多くの問題点が存在しています。 体外受精のよい点、悪い点などを、みなさんにわかりやすく、かつ丁寧に語りかけることで、この医療を冷静に受け止める視点を得ていただきたいというのが私の願いです。 情報化社会といわれて久しいいまの時代ですが、みなさんが体外受精に関する役立つ情報を得たいと思っても、書店の本棚にはそうした情報を得られる本がまったくみられず、ホームページなどによってもベジママは妊娠後も飲み続けるべきなのかといった基本的な話に留まり、体外受精の実体や、その妊娠率など、さらには子どもを抱いて帰れる生産率などの正確な情報が得られにくいというのが、いまの日本の現実だと思うのです。 IVFLesson1。 体外受精の妊娠率は20%あまり。   体外受精を受けるかどうか迷っているあなたへ 不妊治療を生活のすべてにしない。 「あなたたちカップルは、なぜ体外受精をしてまでも子どもが欲しいのでしょうか。 あなたたちにとって、子どもとはいったいなんなのでしょう?」そんな、答えにくいような質問をしてみることがあります。 「私たちの周りにいるご夫婦のほとんどの方にお子さんがいらっしゃいます。 しかし、私たちにはいないんです」「これまでずっと不妊治療を受けてきて子どもが授からないのです。 ですから、私たちにとって子どもが授かる方法は体外受精しかないと思っています」というような答えが返ってくるかもしれません。 *保育科を卒業し、保育士免許も取得をした私でしたが、じつは現在の夫と結婚するまで「子ども嫌い」でした。 保育実習にも行きましたが、子どもをかわいいと思ったことがなく,過去につき合った男性の子どもが欲しいと考えたことも一度たりともありませんでした。 せいぜい結婚しても、夫婦ふたりだけのDINKSで一生を終えるつもりでした。 それが1転したのは、夫との結婚生活が幸せだからだと強く思います*男性不妊だといわれていたけれど、「それでも子どもが欲しい」という夫は、もう理屈じゃない(うちだけかな?でも、男性は一般に,ことばで表現するの、苦手だよね)。 有給をとったりして私の病院通いにつき合ってくれた夫からは、最後まで私を説得するようなことばはなかったけれど、「ああ、自分の子どもが欲しいんだな、この人は」ということが、行動で伝わってきました。 「どうして子どもが欲しいのか?」ということを、なぜもう一度振り返ってみる必要があるのか。 不妊治療を始めると、生活が不妊治療を中心に回りはじめ、妊娠、出産ということが、あなたたちカップルの唯一の目的になってしまいがちです。 大切なふたりのこれからの長い人生計画を「ファミリープランニング」としかとらえられなくなってしまうかもしれないのです。 不妊治療は、あなたの「ライフ·プランニング」のなかのひとつです。 こう考えることが、膨大な医療費を求められ、そして、妊娠率も決して高くない高度生殖医療に取り組むときの、心構えになると思うのです。